顔のシミの治療法

顔にどのようにしてシミができたかで、治療方法が異なります。顔に塗る薬、ケミカルピーリング、レーザーや光による治療などが挙げられます。レーザー治療と言うのは、レーザーを顔のシミに照射する事で、シミを取る治療方法です。シミのサイズ、濃さ、色味によってレーザーの照射時間や強さを変える必要があり、

機器の性能にも左右されます。光治療とは、特殊なフィルターを通してつくった光をシミか気になる部分に照射するというものです。レーザーほどシミの除去効果は高くないので、光を使った施術の場合は5回~10回ほど施術を繰り返す必要があります。レーザーや飲み薬と併用して、ぬり薬が出されることが多いといいます。顔に塗るのは、ハイドロキノンやトレチトインという軟膏です。美容にいいという成分を点滴することで、肌をきれいにするという方法もあります。プラセンタや美白効果のある成分を点滴する事で、顔全体にある小さなシミやお肌のダメージなどを改善する事ができます。肌の新陳代謝が滞り、古くなった皮膚がいつまでもも凝っていると老いて見えるので、ケミカルピーリングで取り除ます。メラニン色素は角質層に集まって沈着しているので、ピーリングで角質層の不要な部分を取り除きます。どんな方法で顔のしみを除去するかは、さまざまな方法があります。じぶんのシミはなぜできたのかなどを考えながら治療方法を選びます。
脱毛ラボ 料金プラン