そんな理由から

モバイルタイプのインターネットサービスには、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。例えばですが、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEがあります。

速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。


この通信速度、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。
そんな理由から、速度制限無しと言っても、WiMAXで比べると、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。
WiMAX通信を行なう事の出来る専用の端末は、いくつか種類があります。

WiMAX端末の種類は豊富で、WiMAXの魅力はどんどん上がる一方です。(UQ WiMAXでiPadはインターネットに接続出来るの?より)

 

例を挙げると、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。その上、通信速度が年々速くなって来ている点も挙げられます。

 

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が倍に速くなりました。WiMAXはサービスの契約時に料金プランを選ぶ必要があります。プロバイダ毎に多少の違いはありますが、2種類の料金プランが存在します。
気になる料金プランについてですが、ギガ放題プランと言う料金プランと通常プランと言う料金プランです。

 

ギガ放題プランを選ぶと月額料金が少し高くなりますが、月間通信量による速度制限の無い料金プランとなります。逆に、通常プランと言う料金プランの場合は安さが売りですが、速度制限の規制が厳しくなるので、そこは注意しましょう。自分のライフスタイルに合わせて、自分に合った料金プランを選びましょう。

大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、速度制限に関して注意が必要です。他のモバイルインターネットサービスと比較すると、厳しい速度制限を設けていないのがWiMAXです。

とは言っても、通信量によっては速度制限が適用されますので、時々は通信量を気にかけると良いでしょう。

ただ、速度制限に掛かってしまった場合であっても、そこまでシビアなインターネット環境になる事はありません。

WiMAX通信機の大きさは、スマートフォンよりも小型です。
その為、持ち運びするのに便利です。
ポケットからはみ出さない大きさですし、重量も厚みも大した事なく、ポケットに入れた状態で座っても大丈夫です。

ワイマックス対応の通信機は、スマートフォンアプリを使用して操作可能です。

なので、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、その状態で使用する事も出来ます。