不動産一括査定サイトで誤解しやすいこと

家を売却する場合など、よくWEBの不動産一括査定サイトを利用すれば、高額査定がついて良い、などと言う話を聞きますが、これは少し気を付けなければいけません。

まず、実際の中古住宅の売却事情を見ると、ほとんどのケースにおいて、売主の予想していたよりも売却までの時間がかかっているということです。言い方を変えれば、家が売れないのです。

家の売却について多くの方は素人ですから、高額査定を付けてくれた仲介業者と媒介契約を結んだ段階で、捕らぬ狸の皮算用を始めてしまいます。ところがふたを開けてみると、股く買い手がつかない状態が続き、売れないことに焦りを感じ始めます。

そうなると業者からは、この価格では買い手がつかないので、値段を下げましょう、という話が来るわけです。この段階で最初の高額査定が全く無意味であったことが分かりますよね。

売買というものは、売り手と買い手がいて成立するものです。自分に置き換えてみればわかりますが、市場価格より高いものをわざわざ買いますか?ということ。よほど、その物件自体が気に入れば話は別ですが、そういうラッキーは少ないです。

高額査定がついたとしても、それは業者が買取り保証をしてくれるわけではありません。単なる客寄せパンダということもありますので、しっかりと業者の見極めは必要となるでしょう。