赤ちゃんを授かったという事で

赤ちゃんを授かったという事で産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。
実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は熱に弱く大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、摂取するようにしましょう。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす自治体が多いですね。第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。

だからこそ、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。私はもうじき40歳ですし、体力と時間とお金のことばかり考えて、ストレスも限界です。葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。
葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。

しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なく無いそうです。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、ある程度は摂取できるのです。妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。

今、私は妊活中なのですが、この時から葉酸を適切に摂取した方が良いと雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。

葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。
ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合はサプリを利用すれば良いそうですから、ちょっと安心しました。

食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで妊活を続けていきたいと思っています。海乳ex