車検が残っている場合の自動車の査定額は高くなるのか?

自動車の売却を考えた場合には、車検の残り日数というのを気にする人もいると思います。しかし、車検の残り日数で、売却額というのは、1年以上、車検が残っている場合に限ります。

これ以外の1年未満の車検の残りが短い場合には、中古車としての査定額としては、査定額の金額には特に関係ない状態になるので、あまり車検にだしてから売るような事は考えなくていいと思います。

ただし、1年以上の車検期間が残っている場合には、販売業者としては、中古車販売会社が自動車を販売するまで、店側で車検を取得する必要が無いので取扱いしやすいと言った特徴があります。

これに対して、車検の残り日数が1年以下の場合には、次の購入者の手に渡るまでに車検を通す必要があります。車検を通すと、店側にもそれなりに費用が掛かるので、売却額にて車検が考慮されるようになります。

このように1年以上の車検が残っている場合には、販売業者のコストがかからなくなる分、手間が無い分、査定額を高くしてくれる可能性はありますが、わざわざ車検に通してから売るというほどでもないと思います。

車の買い取り