実年齢と骨年齢の違いがある

実際には、既に20歳になっていると言ったような実年齢が二十歳の人の場合でも、骨年齢が若い人の場合には、まだ、骨端線があり、まだまだ背を伸ばすことができるような人というのもいるようです。身長を大人になって伸ばせると言う人は骨年齢が若い人と言うことなので、実年齢ではなく、体の中の年齢と言うのが大切になります。

もしも、骨年齢が若い人の場合には、骨の完成度が若い場合には、20代になっても身長が伸びたと言った人もいるのは事実です。ただし、20歳を超えてからも身長が伸びると言うことは、通常ありえないことなので、まずは、若い時に出来るだけ身長を伸ばす努力をすると言うことが大切になります。

実際に、同じ生年月日に生まれた子供の場合には、生まれたときの体重によって、実年齢と骨年齢を比べた場合には、多少なりとも骨年齢の差がでてくる可能性があります。このように、骨年齢が、どれくらいになっているのかと言った点が非常に大切になってくるのではないかと思います。

カラダアルファ 効果