消費者金融と銀行の融資

消費者金融や銀行からお金を借りることは、手持ちにないお金を必要としている時に行うことです。

どういった差が、銀行と消費者金融系の金融会社の差として存在するのでしょう。

両方とも、利息をつけてお金を貸すという点では同じですが、部分的に違うことがあります。

銀行と消費者金融は、スタンスに違いがあります。

銀行は、貸付先を選び、わずかな人に大口の融資をいい条件で行うもので、消費者金融系では多くの人にちょっとずつの融資を行うという考え方です。

銀行の審査は時間がかかり、内容も厳しめです。

住宅や不動産を購入するため、事業資金にするためなどにまとまったお金を必要とします。

保証人を用意したり、土地や建物を担保にすることで、返済不能に陥った時に備えることが求められます。

低金利で融資が可能なことも、銀行系が消費者金融とは違う点です。

審査の時間が短く、条件も厳しくないことが、消費者金融系キャッシングの特徴です。

担保や保証人は必要としていませんが、利用限度額は銀行ほど多くはなく、一人一人の信用力によって制限が強くなりがちです。

消費者金融系では金利は日割で高めの傾向があるため、返済総額は銀行より高額になりがちです。

銀行から融資を受ける場合と、消費者金融系から融資を受ける場合とでは条件がいろいろと違っているため、自分にとって使いやすいほうを選びましょう。

大人ニキビを治す方法