高所平気症ってなに?

高所平気症という病気?特徴?の子供が増えているそうです。
小さいころから高層マンションに住んでいて、高いところに対する恐怖心が
全くないような場合を指すみたいです。

本来であれば、高いところにある程度恐怖感があって当然なのに、
毎日の生活で高いところに慣れてしまって、高いところを全然怖いと思わない、と。

実験で、ある程度の高さで、下が見える透明のガラスだかアクリル板だかの上を
歩かせると、普通の子はちょっとたじろいだり、渡れなかったりするところ、
高所平気症の子供は、躊躇することなく、さささっと歩いてしまってました。

一見、勇気があるね!と褒め称えたくなるところですが、実は逆で、
危険察知能力が低い、ということです。
高いところから落ちそうで怖いから身を乗り出さない、というような普通の感覚が
ないっていうのは怖いですよね。

対策としては、ヘルプネットワークジャングルジムなど、地面が見える高さの遊びをするように
意識するといいそうです。