ホワイトになってすぐカード申し込んで玉砕

前に借金を滞納してブラックになったんだけど、知り合いの行政書士に聞いて事故情報が消える期間を教えてもらった。先月ブラックじゃなくなったはずだからってカード申し込んだら何社も玉砕。

行政書士に電話したらしばらくは様子見するか確認したほうがよかったんだと。たった1000円程度の手間を知らなくて、あと半年はカードムリとか言われたよ。

ブラックリストに名称が載ってしまうとどうなるかというと規定期間お金が借りにくくなると言うだけの話です。

現実的には金融機関から5年前の借金をするのは概して不可能になってしまいますが、これも圧倒的なものではなく出資をするのかどうかはあくまで出資をする位置付けの鑑定に委ねられていますから、出資をするだけのうま味があるとことが鑑定をすればブラック入りをしている人間であっても出資を受ける可能性も無くはありません。

そのため、例えブラック入りをしたとしてもその後に5年前の借金をしなければ、実社会で問題が発生するはないので人によってはどうしても大きな影響ではないこともあります。

ところが実際にはそんな人間にとりまして5年前の借金できないは思い切りかなしいものがあるようです。

クレジットカードなども実質5年前の借金ということになりますし携帯電話のローンなどもローンの部門になりますので利用できない可能性が高くなってしまうので知らないところで不便な思いをすることがあります。

確かにブラックになってしまう状況だと5年前の借金ができないのはつらいものがありますね。

ブラックから抜け出せたかはブラックリスト確認の仕方教えます!で方法を見つけました。

ただ信用情報jicc上ではファイナンス災禍として扱い浴びるので5年前の借金をすることが難しいということがわかりました。

それだけにブラックリストに増加を患う期間がどれだけなのかは気になりますね。

これはファイナンス災禍のポイントや個人信用情報jicc機関の見聞確保期間によっても違いがあるので一概には言えませんが年間から10ご時世といった幅員が広くいのが現状です。

たとえば全銀協(KSC)の信用情報jiccには破綻をした場合10ご時世は登録が残ってしまい、JICCは遅延が理由でブラック入りした場合には1通年登録が残ることになる結果、ブラックになったポイントや見聞機関を通じて変わることも知っておきましょう。

また信用情報jicc機関に問い合わせをすれば自分の信用情報jiccがどうなっているか確認貰えるのでそいいうサービスを利用して自分の風向きを確認することもいいかもしれませんね。