真皮シワの原因

シワは、皮膚の表皮と真皮で起こり
表皮シワと真皮シワがあります。

表皮のシワは主に小ジワと呼ばれ
軽めの症状と言えます。

それの逆で真皮のシワは
表皮シワ(小ジワ)が進行して悪化した症状です。

表皮シワは肌に一番近く、できたてですが
真皮シワは肌から二番目の層までに到達し
深く刻まれてしまいます。

真皮シワになると
シワは生涯残ってしまうことになります。

真皮シワになる原因としては
乾燥・紫外線の影響を受けた事によるもので
その影響を長い期間受け続けた結果
ダメージが肌の奥の真皮まで行き渡ってしまったのです。

長いことダメージを受けた肌は
真皮のコラーゲンやエラスチンを壊し
肌のコントロールを失い
深いシワとなったまま肌に刻まれます。

紙を折り曲げて元に戻そうとしても
折り曲げた部分には線が残ります。

それから、いくら綺麗にしようと
必死に伸ばしても
線の跡は消えないはずです。

真皮のシワも紙の例えと同じような仕組みで
できてしまった後にいくら保湿をしても
もう戻る事は不可能に近いのです。

表皮のシワは
よく見ないと気付きにくい場合もあり
それを放っておくことで
真皮のシワになる確率も高いため
まず一番はシワに作らないように
毎日の肌ケアと紫外線対策でシワを予防する事が肝心となります。

ポケットwi-fiおすすめ※安くて無制限の人気ポケットwifiは?