根強く「大安」などの安泰とされる日取りを望む人が多数いるので

筆者らが行った分析では、放置車両の確認業務の民間委託制導入前後における路上駐車台数の駐車密度の変化をみると、違駄駐車取り締まりの民間委託制度が導入された都心部を中心に乗用車は大きく減少している一方で、都心の外周部や臨海部での路上駐車密度が高くなっていることがわかった。

貨物車は荷さばきを行うえで、路上に駐車場所を依存しなければならない現状にあり、放置車両の確認業務の民間委託制度の導入で一度は路上駐車密が減少したものの、車両に、すぐ移動できる代りのドライバーカ乗っていれば放置車両とみなされないことがわかってきたからある。したがって、サカイ引越センター貨物車の駐車を受け入れることのできるの駐車場や路上における貨物車用の駐車スペースの確保とその確実用方法を地区計画として受け皿づくりをしないかぎり、貨物庫路上駐車問題は解決しない。路上駐車対策としての端末物流対策は、駐車政策のなかでの駐車対策の位置づけを示しものである。