生前贈与について

生前贈与とは簡単に言うと、生きているうち(生前)に、財産を譲る(贈与)することです。その目的は、相続財産つまり死後に渡される財産のいくらかを、あらかじめ生前に渡しておくことで、相続財産を減らし、それによって相続税を減らすことにあります。

ただこの場合、相続税は減りますが贈与税がかかります。贈与税とは、簡単に言うと、贈与された財産に対してかかる税金のことです。そして最近では、この生前贈与が注目を浴びています。その理由は、2013年度の税制改正により贈与税が手直しされたからです。この改正は、シニア世代が資産全体の60%以上を保有しているという社会の現状がある中で、相続まで待たずに早いうちに、若い世代への資産の移転を促すことを目的として行われました。そして、この改正によって、生前贈与を利用した場合、相続によって財産を渡した時と比べて、トータルで見て財産にかかる税金を減らすことができるケースが今まで以上に増えました。例えば、生前贈与を受けることができる対象者は、以前は子(但し20歳以上)だけだったのですが、これが孫(但し20歳以上)まで広がりました。さらに、贈与する側も65歳以上の方から、60歳以上の方に年齢が引き下げられることによって対象者の範囲が広がりました。一般贈与の基礎控除を上手に利用する方法として、生前贈与の方法のうちの一つである、一般贈与を活用する方法です。一般贈与とは、毎年毎年贈与していく方法です。この方法における贈与税の計算の仕方が一年を区切りとして考えるので、後に述べる相続時精算課税に対して暦年課税とも言います。暦年とは1月1日から12月31日までを言います。この制度には、贈与を受ける人一人当たり年間で110万円の基礎控除が設けられています。また、贈与を受ける対象者についての制限がありませんので、子や孫だけでなく、それ以外の方にも財産を渡すことができます。これを上手に活用して、皆様の大事な財産を、同じく皆さんにとって、さらに大事な次の世代を育てるために、有意義に生かしましょう。車買取相場を知ると