就職などで引越しが本決まりになった場合は

金額的拡大というのは運賃のアップということになるが実際には今のままで単純な運賃アップは困難であろう。たとえ、少々、それが実現できたとしてもそれは費用高騰によって消える運命にある。したがって、市場拡大というのは量的拡大、つまり、仕事を増やす以外にない単純な仕事量の拡大ではなく質的な意味での仕事量である。

しかも、トラック業の市場拡大の四つの方向の拡大・縮小迫騰それは費用を抑えた付加価値の向上を図ったうえでの仕事ということになる。サカイ引越センターにプラスして新たな市場を開拓しなければならないということを肝に銘ずる必要がある。これは産業的な必然であるがそれを実現するのはそれぞれのトラック業が自らの経営戦略としてそれを行ない、その結果が全体的な市場拡大に結びつくということである。
 たとえ、輸送需要が増大しなくてもトラック業は仕事を増やすことが可能であるし、それによって収入を増やすことも可能である。それは仕事の幅を拡大することである。