浮気が明らかになった

探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、結婚生活を続けていいのかどうか心が乱れますよね。
ひとまず冷静になって、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。
法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。
探偵が何もミスをしなくても、依頼者側に落ち度があって、調査対象が警戒を強めてしまって浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。
浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が手に入るわけではないのです。
成功報酬にするのかどうかについても、調査する前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。
探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。
もちろん、調査員が少ない人数なら安く、多ければ多いほど高くなります。
そして、尾行時に移動のために車やバイクを使った場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認するべきでしょう。
まず探偵について見てみるならば、不審に思われることを避けるよう警戒を怠ることなく目立たないように調査を進めるのに対して、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かしてオープンなやり方で情報を集めるようです。

探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、興信所の方は情報収集に向いていると見てよさそうです。
探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれで終わりとは言えません。
不倫をしているのか調べていくと、思ってもみないトラブルが起こる時があります。
そういう時に、一番に依頼人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用すべき探偵なのです。
信頼してもいい探偵なのかは、相談した時の対応などでよく考えて判断するようにしてください。
同じ電話番号の人から何度も繰り返し、また定期的にまた電話をかけ直していたりするとその相手が浮気相手であるという可能性はある程度間違いないと思われます。
そうしたらその電話番号の相手が誰かということを調べればいいのですね。
しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後にはしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。
成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功した場合でないと調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。
そのように考えると、成功報酬制を採用している方が、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。
実際の調査能力などもチェックして、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。
興信所と探偵事務所の違うところですが、別段変わりは無いと言っても言い切れます。
双方とも、浮気調査、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような仕事内容は類似しています。
しかし、違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。
慣れないことを自分でやるよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。
専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。
素人が調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。
だからといって、パートナーを責めてみても、頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件で離婚できません。
そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。
離婚を覚悟の上で、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。
けれども1人で踏み込むと、揉め事を大きくする可能性があるので、避けたいところです。
あなたが信じて頼れる人と行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。
心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。